沖縄市,まいにちちゅーぶ,まいにちちゅうぶ,まいちゅう



社会福祉法人指導監査に関することについてはこちら(平成27年度実施計画及び調書更新しました)
特定教育・保育施設等の指導監査
地域間連携・交流イベント助成事業

中部広域について 9つの市町村を繋ぐ、中部広域の役割

(3)中部広域市町村圏事務組合について

中部広域市町村圏事務組合
中部広域市町村圏事務組合について
  1. 設立
    昭和56年4月1日(協議会として10市町村で構成)
  2. 一部事務組合への移行
    平成元年11月1日
  3. 構成市町村
    平成3年4月1日、宜野湾市、西原町が広域圏変更を行い、新たに加入。
    また、平成17年4月1日で、具志川市、石川市、勝連町、与那城町の4市町の合併によりうるま市となり、現在は、沖縄市、うるま市、宜野湾市、北谷町、嘉手納町、西原町、読谷村、北中城村、中城村の3市3町3村の9市町村となる。
  4. 平成6年10月1日 中部地区伝染隔離病舎組合を中部広域と統合したが、平成11年感染症の法律改正で、現在は、業務廃止
  5. 人  口(平成22国調) 488,333人
  6. 面  積  261.7㎢
共同処理する事務
(1)中部広域計画の策定、当該計画に基づく事業の実施及び連絡調整に関する事務
(2) ふるさと市町村圏基金を活用した次に掲げる事業の実施に関すること。
ア.広域交流事業
イ.広域文化事業
ウ.広域スポーツ事業
エ.広域観光開発事業
オ.広域物産展事業
カ.地域イベント助成事業
キ.広域研修事業
ク.地域づくり支援事業
(3)次に掲げる調査研究に関する事務
ア.中部広域計画に基づく広域的な行政課題に関すること。
イ.広域にわたる振興発展に関すること。
(4)社会福祉法(昭和26年法律第45号)、老人福祉法(昭和38年法律第133号)及び
児童福祉法(昭和22年法律第164号)に規定する事務のうち、社会福祉法人の指導監査に関する事務
(5)クルーズ船の受入に関する事務
(6)子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)に基づく特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業者への立ち入り検査等並びに児童福祉法(昭和22年法律第164号)に基づく家庭的保育等に対する指導監査に関する事務
 
組合の議会
  1. 定  数  9名
  2. 選出方法  関係市町村議会の議長をもって充てる
    (組合規約第5条の2)
  3. 議会運営  定例会は2月及び10月の年2回
    (会期は概ね1日)
組合の執行機関

理事会

(中部広域市町村圏事務組合規約第12条の抜粋)

  • 組合に理事会を置く(理事9名)
  • 理事は、関係市町村の長をもって充てる
  • 理事会には、理事長1名、副理事長2名を置く
  • 理事長及び副理事長は理事の互選による

会計管理者

(中部広域市町村圏事務組合規約第13条の抜粋)

  • 組合に会計管理者を置く
  • 会計管理者は、理事長の属する市町村の会計管理者をもって充てる

監査委員

(中部広域市町村圏事務組合規約第14条の抜粋)

  • 組合に監査委員を置く
  • 監査委員は、理事会が組合議会の同意を得た知識経験を
    有する者及び組合議会の内からそれぞれ1人を選任する
中部広域市町村圏事務組合、中部市町村会 役員

中部広域市町村圏事務組合

  • 理事長 桑江 朝千夫(沖縄市長)
  • 副理事長 野国 昌春(北谷町長)
  • 副理事長 石嶺 傳實(読谷村長)
  • 理事 島袋 俊夫(うるま市長)
  • 理事 佐喜眞 淳(宜野湾市長)
  • 理事 當山 宏(嘉手納町長)
  • 理事 上間 明(西原町長)
  • 理事 新垣 邦男(北中城村長)
  • 理事 浜田 京介(中城村長)

中部市町村会

  • 会長 島袋 俊夫(うるま市長)
  • 副会長 當山 宏(嘉手納町長)
  • 副会長 新垣 邦男(北中城村長)
  • 監事 佐喜眞 淳(宜野湾市長)
  • 監事 浜田 京介(中城村長)

(平成26年9月現在)

事務局体制
  • 専任職員  10名
  • 兼任職員  0名
  • 嘱託職員  2名
  • 臨時職員  3名
行政機構
行政機構