沖縄市,まいにちちゅーぶ,まいにちちゅうぶ,まいちゅう



地域間連携・交流イベント助成事業

社会福祉法人指導監査に関することについてはこちら(平成27年度実施計画及び調書更新しました)
特定教育・保育施設等の指導監査

中部広域について 9つの市町村を繋ぐ、中部広域の役割

 

(1)中部広域市町村圏事務組合の概況について

本圏域は、沖縄本島の中央部に位置し、那覇空港より北へ約22kmの距離に位置する沖縄市を中核都市として、中部9市町村で構成されている広域行政機構である。

本地域は、東シナ海および太平洋に面し、全体として台地と海岸低地からなりたっており、地形、地質、植生環境とも、沖縄本島の北部的要素と南部的要素を有して多様である。圏域の総面積は261.7㎢で県全体の約11.5%を占めており、その全域が都市計画区域に指定されている。また、全域の約24.2%が米軍基地で占められ、土地利用に大きな支障を及ぼしている。さらに、沖縄県内の米軍施設(232.47㎢)の27.3%(63.39㎢)が本圏域に立地している。

人口は、560,424(平成27年国勢調査)で県全体の1/3以上を占めており、平成22年(国勢調査人口)と比較して17,694人増加している。産業構造においては、第1次産業が減少し、第2次産業は横ばい、第3次産業が増加している。

圏域内の各市町村では、海洋関連の観光リゾート、レジャー、レクレーション施設等の整備・開発がすすめられるとともに、関連産業の立地の促進により就業機会が拡大し、若年層を中心とする人口定住化が促進されつつある。本地域には、多くの伝統芸能や城跡等があり、エイサーや闘牛等のイベントが盛んに行われるほか、スポーツ施設やレジャー施設が整備されている。

また、圏域内には、国立の琉球大学をはじめ、沖縄国際大学、沖縄キリスト教大学、職業訓練短期大学校の4つの大学が設置され、人口増の要因をなしている。

また、長い米軍占領の期間において特異な文化を作り、異国情緒豊かな地域が形成されているなど豊富な文化・観光・レクレーション資源がある。

 

表1 人口の推移 (平成27年国勢調査)
  平成22年国勢調査
(確定値)
平成27年国勢調査
(確定値)
増減数 増減率
世帯数 人口 世帯数 人口 世帯数 人口 世帯数 人口
  173,572 486,844 189,878 506,027 16,306 19,183 9.4% 3.9%
沖縄市 47,999 130,249 53,325 139,279 5,326 9,030 11.1% 6.9%
うるま市 38,344 116,979 42,378 118,898 4,034 1,919 10.5% 1.6%
宜野湾市 36,361 91,928 39,333 96,243 2,972 4,315 8.2% 4.7%
北谷町 9,903 27,264 10,724 28,308 821 1,044 8.3% 1.2%
嘉手納町 4,937 13,827 5,069 13,685 132 △142 2.7% △1.0%
西原町 12,118 34,766 12,641 34,508 523 △258 4.3% △0.7%
読谷村 12,422 38,200 13,658 39.504 1,236 1,304 10.0% 3.4%
北中城 5,220 15,951 5,541 16,148 321 197 6.1% 1.2%
中城村 6,268 17,680 7,209 19,454 941 1,774 15.0% 10.0%